武将門の名前の由来

ナマケモノ公式ブログ
2代目 将希(マサキ)
2代目 将希(マサキ)

『武将門』という店名。
いかにも昔の焼鳥屋にありがちな戦国武将を連想させる名前ですよね。
でも実は、この名前の誕生秘話にはちょっぴり面白いエピソードがありますのでお話しましょう!

炭火やきとり武将門の名前の由来

何をするにも面倒くさがる人やものぐさな人のことをこう呼ぶことをご存知でしょうか。
ナマケモノでほんっとうに何でもめんどくさがる人がいますよね。

ここからは開店前の父と母の会話です。(アイコンはイメージです)

 

店の名前何にしようかなぁ。
めんどくさいからどこでもつけてそうな戦国武将の名前でもつけようかね。

 

 

ほんっとめんどくさがりねぇ。不精者(ぶしょうもん)!!!

 

お、今なんて言うた?それにしよう!!

予想できましたでしょうか。笑

実は長崎弁で『〜者』のことを『〜もん』って言うんですよね。

無精者(ぶしょうもの)→無精者(ぶしょうもん)→武将門(ぶしょうもん)
ちなみに武将門の『将』は僕の名前、将希(マサキ)からとってくれています。

長崎ならではの名前誕生エピソードです。

まさかこんなエピソードがあるなんて多分ほとんどのお客様は知らないだろうなぁと思い書いてみました。

 

タイトルとURLをコピーしました